みろこのブログ

どうせ生きるならコンテンツとして消費されたい

未分類

子どもの頃の記憶|おかあさんとかいじゅう

何歳の頃かは覚えていない。 季節も覚えていない。 場所は地方の百貨店の屋上駐車場。 車の中できょうだいとおかあさんの買い物が終わるのを待っている。 おかあさんまだかな! なかなかわたしたちのところへ戻ってこない。 不安のかたまりがむくむく大きく…

箱入りの愛情

愛することは難しい。 距離が近くなるということ。 うれしいことが自分ごとのように共有できて、つらいことが実感を伴って伝わってきてしまう。 自分と似ているならば、なおさらのことである。 「こんなにつらいおもいあなたにはしてほしくない」 「こんなに…

夜の過ごし方

眠って明日になったらさぁ、明日の自分になっちゃうじゃん!だから眠る前に今日の自分のままで考えておきたい気分なんだけど眠いわ!— みろこ (@365okaya) June 12, 2018 そのまま眠ってしまうには惜しい夜がある。 一晩眠って起きたからといって、次の朝に…

「わたし」の世界で主人公になる方法

他人と「わたし」を比べては落ち込んでしまったり、行き場のない怒りさえ感じてしまう女の子へ。 「わたし」の世界を発見しよう 何がすきですか。 何をしていたら「楽しいなぁ」「しあわせだなぁ」「これってなんだか心地いいかも?」って思いますか。 自分…

女の子のかくれんぼオーディション

何者かになりたくて、自分を誰かに見つけてほしくて、私かれこれ思春期の頃から波はあれど悩んできたような気がする。 何かを表現したくて、人に見せたくて、いろいろインターネットで遊んでいたらリアルじゃ一生関わることのないような世界を覗くことがあっ…