みろこのブログ

どうせ生きるならコンテンツとして消費されたい

110円特価古本文庫のこと

古本屋で、武者小路実篤の「人生論・愛について(新潮文庫)」が、110円の特価コーナーで売られていた。

110円で他人の人生論覗けるなら安いと思って購入したいという気分になったがやめた。

 

110円だけあってページは焼け、古い本だなぁという風貌をしていて、それが人生について書かれた本だったものだから以前の持ち主の思いが染み込んでいるようでどうしても手に取れなかった。

 

人生論についても、愛についても、とても気になるのだけど、前の持ち主がどんな気持ちでその文庫本を手にしていたのかページをめくるたびに伝わってきてしまっては困ると思い、新品で購入しようと思った。

 

きっと手元に置いておきたくなる予感がするので。