みろこのブログ

どうせ生きるならコンテンツとして消費されたい

「心因性失声 なりたい」で検索する人へ

f:id:okaya365:20180619012013j:plain

春に、普段通ってる精神科で「心因性失声」の診断を受けて休養のち症状がおさまってたが、先日またぶり返してしまった。

これはなにか対策しなければと思い、Googleで検索かけたら、検索の候補に「心因性失声 なりたい」がけっこう上位の方にあらわれて、なんだかなぁと思ったので、考えたこと書いてみる。

 

心因性失声」になるまで

  • ストレスがたまる
  • 顔面(左目の下~頬骨あたり)がこわばりはじめる
  • なぞの奥歯の痛み(虫歯や親知らずではない)
  • 奥歯の痛みが顎の噛み合わせに転移
  • 顎の噛み合わせが震える
  • 喋ることが困難になる

私の場合こんな感じだった。

 

症状の詳細

心因性失声のフリをしたい人も、もしかしたらいるかもしれないから、わたしがなったときの症状を書いてみる。

  • 「あー」「うー」など発声はできる
  • 「うん」「はぁ(はい)」などの返事はわりとしやすい
  • 長文を話そうとすると、どもるような、つっかえるような感じがする
  • 症状が落ち着くと、たどたどしいけど所々つっかえるような感じで一応は喋ることができる

たぶん、心因性失声の中でも軽度なものだったのでこのような感じであまり深刻でないように見えるかもしれないけど、実際は恐怖がかなりある。

 

喋れないことの恐怖

いざ喋れなくなると恐怖をかなり感じる。

もしこのまま一生治らなかったら?

生活はどうなるのか?

仕事は?電話応対は?接客は?

趣味のカラオケは?歌うことはもうできないのか?

失うものにばかり意識がいく。希望が全くない。今まででさえつらかったのに、もっと大変な目に遭うのかなって。

 

声を失ってしまいたいほど追い詰められてるなら、正々堂々と逃げよう

むやみに声を失うことを望まなくてもいいと思う、たしか人魚姫の話も喋れなくなるんだっけ?ふと思い出しただけなんだけど。

わたしも追い詰められてたとき、失声症になる方法は調べなかったけど、気絶する方法とか意識を失う方法とかいろいろ調べてたなって思い出した。

もう無理って言ってる自分のこころに耳を傾けて、正々堂々と逃げるやり方を考えよう。

なにも失わなくてもいい、自ら望んで捨てるのと望まないで失ってしまうことはちがうから。